HOME>ホットトピックス>借りるか買うか、判断するためにはメリットやデメリットを知る

短期での退去

スーツの女性

中野には賃貸の種類として、マンションやアパート、戸建てという建物を賃借することができます。中野の不動産を購入したほうが得かといえば、向き不向きもあります。例えば、気分屋であれば賃貸住まいが向いていますが、加えて、状態に合わせるのであれば、退去がすぐにできるマンスリータイプやウィークリータイプのマンションなど、いわゆる短期入居型を選びましょう。

職業に合わせる

住宅模型

グローバル化した職業に就いているのなら、中野エリアでも外国人が多い居住地を選びたいものです。また、海外に派遣や短期留学など、お仕事により留守になる可能性もあれば、その間の室内の掃除などの管理も担ってくれる賃貸マンション、あるいは戸建て住宅を選ぶ必要もあるのではないでしょうか。

老人ホームのような借り方

定職がなく、ローンが組めない、こうしたお年寄りも少なくありません。中野エリアに限ってではありませんが、入居を断られるケースも無きにしも非ず、ですが、年金受給者であれば、介護付き高齢者向けに展開されている賃貸物件もあります。高齢社会に順応しているため、入居審査も通りやすいようです。

移り替える

生涯にわたって、社宅住まいが確保できるのならば、あえてマイホーム購入という決断は不要でしょう。売却時の諸経費を考えれば、なかなか住まいを移れないケースもあります。賃貸向きなのか、選ぶ上で基準にすべきは住まいを変えることが容易にできるか否かです。中野エリアが職場ならば、遠方からでも通勤可能ですが、お子さんはどうでしょうか。幼稚園や保育園を確保するのも難しく、待機児童もいるようですから、そう易々とは移ることはできないでしょう。賃貸のメリット、購入のメリットをしっかり考えて入居審査を受けましょう。

広告募集中